男女

医学部の受験必勝法は個別指導にあり|分からないを無くせる

センター利用が多い

学生

統一のテストで振り分け

大学入試は高校入試と異なり全国から受験者が集まってきます。このため遠く離れた大学に行く人も数多くいますが、大学側もすべての受験者を受け入れるとなるととても大変です。そこで大学入試で利用をされることが多いのが全国一斉で行われる試験であるセンター試験です。センター試験では国語、数学、理科、社会、英語の5教科の試験が全国一斉で行われ、統一の基準で点数を競います。この点数は共通で利用をすることができ、大学側は入学試験の点の第一段階の点数として利用をすることができます。受験生も自分が志望をする学校の合格ラインをある程度知ることができるのでセンター試験の段階で合格ラインを大幅に下回っている場合にはかなり厳しいということを知ることができます。大学入試においてはセンター試験の点数をどのように取り扱うのかは大学によって大きく異なります。国公立大学ではセンター試験の点数にそれぞれの大学で行っている二次試験の点数を加算して合否の判定をしているところが多いです。また、傾斜配点と言ってセンター試験の点数配点をそれぞれの学校で独自に変えることもできるようになっています。他にもセンターの点数は足切りにしか利用をしていなく、学校独自で行う試験で合否を決めているところもあります。入試ではセンターをどのように取り扱うのかは学校によって異なるため1つの教科のみ受験をすることも可能です。自分が志望する学校がどのようにセンター試験を扱うのかは知っておく必要があります。