男女

医学部の受験必勝法は個別指導にあり|分からないを無くせる

文章構成を考えましょう

作文用紙

小論文を書く際に、書き出しにどのような言葉を選択するかは非常に重要なポイントであり、小論文全体の構成に大きな影響を与えます。これから展開される文章が、何について書かれたどういった内容のものなのかを連想させるような、結論につながる言い回しが理想的です。文章全体の核となる部分の一つであるため、どのような小論文の書き出しにすべきか悩んでしまう場合にはおすすめのコツがあります。いつ起こったことについて書くのか、どこであったことなのか、そして最後に誰が主語になるのかという点を意識して書き出すと文章をスムーズに展開することができます。これらの要素をまず書き出しておさえることで、読者はその文章についてのイメージを想像しやすいという効果が期待できます。また注意すべき点として、あくまで小説や詩歌ではなく論説文であるということを意識することが挙げられます。そのため、体言止めや倒置法、比喩的な表現や会話文などの文学作品でよく用いられる表現方法はふさわしくありません。つい文章の書き出しにインパクトのある言葉を持ってこようと、これらの表現を使いたくなるケースもあるかもしれませんが、あくまで論説文であることを忘れてはいけません。また、小論文の書き方には基本的なルールも存在しており、書き出しは必ず一字下げて書くという条件に沿うことも必要です。こういったルールを守りながら、文章の全体構成と結論を意識して書き出しの言葉を選択するとスムーズに小論文を作成することができます。