男女

医学部の受験必勝法は個別指導にあり|分からないを無くせる

学生

センター利用が多い

大学入試においては全国一斉でセンター試験を行い、この点数を基礎にして合否を決めることが多いです。ただし、センター試験の取り扱いについては学校によって異なるので志望校の点数の扱いは事前に知っておく必要があります。

レディ

ao入試の基礎情報

ao入試とはアメリカで作られて中心となった機関の頭文字をとってao入試になりました。やる気や熱意などの学力だけでは計れない物を計るのが目的です。学校によってやり方が違うので調べましょう。様々なメリットもありますがデメリットもあります。

様々な塾や予備校

女性と生徒

自分に合っているかが重要

医学部を目指すなら、塾や予備校に行く人が多いでしょう。通う場所によって、集団指導から個別指導まで色々なタイプがあります。頭の回転が速く飲み込みが良い人は、集団指導でも良いかもしれません。画一的な授業ではありますが、自分で消化して応用できる力のある人ならば大丈夫です。それに対して、個別指導を行っている所も多くあります。個別指導の良いところは、なんといっても1人1人に合わせて指導してくれるところです。医学部受験は想像以上に厳しい世界です。学力だけではなく、精神面や体調面も安定していないと、戦い続けるのは難しくなります。1対1の個別指導だと、わからない所はすぐ質問して、理解するまで教えてくれるので落ち着いたペースで勉強を進めることができます。自習の仕方も教えてくれるので、家でどうやって勉強したら良いか困った時にもアドバイスしてもらえます。受験生が気持ちよく勉強できるよう、学習面以外も徹底的にサポートしてくれる所もあります。座り心地の良い椅子を用意してくれたり、軽食や飲み物を無料で提供してくれたり、仮眠が取れるソファまで置いてある、といったような事です。このリラックスできる環境というのは大切です。少し休むだけでその後の能率が全然違うからです。医学部受験は、勉強と休みの切り替えが大切です。切り替えがうまくできる人は医学部に行ってからもつまずかず、試練を乗り越えていけます。また、個別指導は受験生に対して丁寧に接してくれるので、何かあった場合すぐ気づいてくれる心強い味方になります。

作文用紙

文章構成を考えましょう

小論文の書き出しは、これから始まる文章の内容を連想させるような、結論につながる言葉を持ってくることが重要です。書き出しが文章全体の肝となるため、文章全体と結論を意識した言い回しにすることがポイントです。